Loading…

Whats your vintage?

In wine, and in websites, you have to age before you're ready.
So, let us know your year of birth below.

You are too young to view the content of this website.

または
南オーストラリア州

アデレード・ヒルズ

アデレード・ヒルズを60秒で知る

地域の特徴

アデレード・ヒルズはアデレードから東に車で20分のところにあります。 この約70キロにわたる細長い一帯は、マウント・ロフティー山脈に位置し、その土壌のタイプは多彩です。 曲がりくねった丘や谷により、個々のブドウ畑の傾斜、標高、土壌、貯水、微気候はそれぞれ異なり、そのため多彩な栽培環境に恵まれています。

海抜400~700mという標高の高さゆえ、アデレード・ヒルズは他の南オーストラリア州の地域と比較すると降雨量は多く、ブドウの成熟期の気候は冷涼です。 そのため、オーストラリアで最高級の冷涼産地の一つとして広く知られています。

ブドウ品種

grape_image_caption

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランは南オーストラリア州のアデレード・ヒルズのような冷涼地域に最適です。 この品種のワインは明快でさわやかなパッションフルーツやグアバの果実味が感じられ、若くて新鮮なうちに飲むのが理想です。 最近、このワインはシーフード料理によく合う生き生きとした飲みやすいスタイルのワインとして人気を博しています。

grape_image_caption

シャルドネ

まぎれもなく、世界でそしてオーストラリアで最も広く栽培されている白ブドウの品種です。シャルドネの味わいには育った土地環境が非常によく表れます。温帯な地域は熟した白桃の風味を持つワインを生み、一方、温暖な地域はメロンの風味を生みます。そして涼しい気候のもとではシトラスの風味が生み出されます。 オーストラリアでもっとも人気のあるシャルドネは、寒暖さまざまな地域で作られたブドウをブレンドしています。 オーストラリアの主要なシャルドネ生産地域はアデレード・ヒルズ、ヤラバレー、タスマニア、マーガレット・リバーです。 シャルドネもワインメーカーの表現に大いに貢献し、撹拌、バトナージュ、マロラクティック発酵(リンゴ酸が乳酸に変ることでクリーミーな口当たりが生れる)、リッチなフルーツフレーバーを補完するオーク樽での熟成などのさまざまな技術の恩恵を受けています。 特にアンウッデッドと書かれていない限り、ほとんどのシャルドネはオークで熟成されますが、これはエレガントさとバランス感がカギとなる現代のシャルドネにつつましく適用されています。 オーストラリアのシャルドネのワインは一般的に若い時期(1~3年間)がベストな飲み頃で、シーフードから白身、赤身の肉まで幅広い料理に非常によく合います。シャルドネは、また素晴らしいスパークリングワインを生み、そのまま(いわゆる「ブラン・ド・ブラン」)か、ピノ・ノワールやピノ・ムニエとのブレンドがあります。

grape_image_caption

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールは芳醇なフレーバーとエレガントなタンニンの味わいをもつ軽めからミディアムボディの赤ワインを作り出します。アデレード・ヒルズのような涼しい気候で栽培されると、この早生種の果実はより魅惑的な香りとアロマをゆっくりと表現することができます。 フレーバープロフィールは、ブラックチェリー、ストロベリー、ラズベリーからハーブ香に及び、栽培された土壌とワインメーカーが駆使する技術によってジビエや土の香りを思わせる複雑味を表わします。 軽い赤身の肉やウズラ、鴨料理などによく合います。 ピノ・ノワール品種は、早期に摘んで、素早く果皮から取り出し圧搾することにより、白いスパークリングワインにも使用することができます。 シャルドネやピノ・ムニエと一緒にブレンドすると伝統派のスパークリングワインが作られます。

美しい写真で

クナワラを見る

この地域のワイン

ジェイコブス・クリーク

リザーヴ アデレード・ヒルズ シャルドネ
調べる