私たちの場所

発祥の地

1840年に名もない小川のほとりに居を構えたウィリアム・ジェイコブスは、その後自分の名前にちなんだ川がオーストラリアワインの象徴となり、世界中に知られることになるとは思いもよらなかったでしょう。

以降、私たちのワインはバロッサを流れる川岸沿いで造られており、ブドウ品種とその土地の特色を生かして醸造されています。

The creek at Jacob's Creek

私たちのクリーク

何年にもわたって、私たちはクリークの自然の美しさを大切に守っています。なぜなら、この土地にとっても、私たちにとっても、クリークは重要なものだからです。

The creek at Jacob's Creek
Jacob's Creek vineyard

私たちの地域

バロッサ、クナワラ、アデレード・ヒルズ、私たちのワインを育む各地域を紹介します。

Soil from Jacob's Creek

環境

私たちのホームはオーストラリアを代表するワイン産地の一部であり、その地域の環境保全に対する精力的な取り組みが認められ、賞を受けました。ジェイコブス・クリークと同名の小川の川岸とその在来種の再生、自社レストランで使用する季節の有機農産物の栽培、南オーストラリア州で最大規模の民間太陽光発電施設など、ジェイコブス・クリークの持続可能性および保全に関するプロジェクトを紹介します。

Soil from Jacob's Creek